×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車のうんちく・・・・・異音原因の紹介
これまでに経験した異音とその原因を紹介します。

1:段差を超える時にギィギィ・・・と鳴る、または手でフェンダーを押して車を揺らすとギィギィ鳴る。
  原因:スタビ取付部のブッシュとスタビが擦れる事による異音。
  対策:ブッシュを一旦取り外し、シリコンスプレー等を塗布する。

2:走行中に足回りからコトコト・・・鳴る
  原因:ピロアッパーの音
  対策:ピロボール部分の交換(ただし音は再発するので気にしないのが最善)

3:ハンドルをきった時だけコン!とかコギッと鳴る。
  原因:カートリッジ式ショックの上部ねじが緩んでいた。
  対策:締め付け確認後、異音発生無し。

4:交差点を曲がる時にミッション付近からゴンゴン鳴る。
  原因:ミッションマウントがちぎれ、金属同士が接触していた。
  対策:ミッションマウントの交換

5:ブレーキを踏むとキィーと鳴る。
  原因:パッドが消耗しておりディスクに金属が接触していた。
  対策:パッドの交換

6:走行中にザーと引きずるような音がする。
  原因:アンダーカバーが脱落していた。
  対策:アンダーカバーを固定し直す。

7:段差を超える時にフロントでゴン!と大きな音がする。
  原因:バネの線間密着する音、アッパーアームがボディーに接触
  対策:バネの交換、車高を上げる

8:マフラー交換後、リアからゴンゴンと音がする。
  原因:マフラーを吊っているハンガーがボディーに接触。
  対策:ハンガーの調整。

9:車高調の減衰を変化させるとシュッシュッと鳴る。
  原因:ショック固有の動作音で異常ではない。
  対策:特になし

10:エンジンからシャーと鳴っている。音は回転数に連動する。
   原因:オートテンショナーの劣化。
   対策:テンショナーの交換。

11:ドリフト中でフルカウンターの時にゴーと鳴る。
   原因:タイヤがボディーまたはフェンダーに接触している。
   対策:オフセットまたは車高の調整。

12:発進直後にギュッ・・・と鳴る。
   原因:汎用ステーが折損しエンジンの揺れに合わせて折損箇所から異音発生。
   対策:ステーの交換または撤去

13:ブレーキを踏むとバキッと鳴る。または前進し一旦停車後バックするとバキッと鳴る。
   原因:ブレーキパッドの背面に有る金属板のグリースがきれ、音を出していた。
   対策:グリースの塗布

14:ハンドルをきるとバキ・・・と片側だけ音がする
   原因:ロールセンターアダプターのボルトが緩んでいた。
   対策:ボルトの締め直し。

15:エンジンからカンカンまたはコンコンと鳴る
   原因:メタルトラブルにより、メタル部からの異音またはヘッドとピストンの接触音
   対策:腰下の修理。

16:クラッチを踏むとギィとかギギギとか音がする
   原因:レリーズフォークのグリース切れ
   対策:フォークとオペレーティングシリンダの接触部分にグリース塗布

17:高めのギアで低回転低速走行時に屋根付近からびびり音がする
   原因:屋根内張と屋根の間にハーネスが有り、これの固定が不完全となっていた。
   対策:固定の手直し

18:段差通過時(高速のつなぎ目や大きめの段差など)にリアから金属音がする。
   または交差点右左折時にゴンゴンとボディに何か当たる様な音がする(LSD有りの場合)
   原因:デフマウントの劣化
   対策:デフマウントの交換または強化

19:ハンドルを切る場面でデフからゴキゴキとかバキバキ鳴る。
   原因:デフ内部のプレートが擦れる音
   対策:オイルの交換(化学合成油より鉱物油の方が、音は鳴りにくい)
       補足:オイル交換後すぐに効果は出ないので、数日乗って様子を見ないと変化が分からない。